【eFootball2023】EPマルディーニのタレントポイント割り振り

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

EPマルディーニ

・選手カードタイプ:エピック
・種別:Big Time 19 May’94
・育成バージョン:2.5.1

育成後の能力値

初期値&育成後の能力比較

能力値 初期値 育成後 能力値 初期値 育成後
オフェンスセンス 58 64 ディフェンスセンス 80 90
ボールコントロール 70 75 ボール奪取 80 90
ドリブル 65 70 アグレッシブネス 75 85
ボールキープ 75 80 守備意識 86 96
グラウンダーパス 72 72 スピード 76 84
フライパス 75 75 瞬発力 70 76
決定力 56 56 キック力 70 78
ヘディング 73 79 ジャンプ 80 86
プレースキック 55 55 フィジカルコンタクト 77 83
カーブ 64 64 ボディコントロール 64 70
スタミナ 79 87

タレントポイント割り振り

合計52タレントポイント

パラメータ 育成(TP) チームスタイル適正 育成(TP)
シュート ポゼッション
パス ショートカウンター
ドリブル +5(6) ロングカウンター
クイックネス +6(8) サイドアタック
脚力 +8(12) ロングボール
エアバトル +6(8)
ディフェンス +10(18)
GK1
GK2
GK3

育成:パラメータ割り振り
(TP):使用したタレントポイント

育成のポイント

守備的LSB向けスピード&ディフェンス特化

育成時の考慮点は下記です。

  • LSB起用に必要なスピードとスタミナ育成
  • CB起用も可能なディフェンス育成

使用感の個人評価

育成評価(4.5/5)

LSBイマイチでもCBで覚醒

育成当初はLSBとしての起用を考えていましたが、LSB起用時は攻撃参加が中途半端となりイマイチでしたが、CB(左サイド)起用してみると覚醒しました。結果的にスピード育成がカバーリング能力の高さとなり、我がチームのキャプテンとしてフル出場中です。

 

 

 

1つ星 まだ0いいね!です。
良い記事でしたら最初の「いいね!」をお願いします。
読み込み中...
シェアする
はなびをフォローする
スポンサーリンク
はなびのeFootball攻略ブログ
タイトルとURLをコピーしました