【ウイイレ2020】BAL #05 ロベルト・バッジョ物語〜怪我を乗り越えて〜

この記事は約3分で読めます。

〜この物語はイタリア北部の小さな田舎町カルドーニョに生まれ育ったサッカー少年の壮大なるサッカー人生を描くものである。〜

スポンサーリンク

怪我に奪われる夢

十字靭帯の怪我で才能あるサッカー選手が夢を奪われることは少なくない。

大怪我を乗り越えて、再び活躍できる選手はごく稀だ。

 

怪我の先にあるもの

もう…どれくらいの経っただろうか?

病院のベットに仰向けになりウォークマンで音楽を聴いて天井を見上げる日々が続く。

 

「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」リトルバッジョが叫ぶ。

 

 

ただの打撲なのに。

僕の怪我は4週間ほどで完治した。

 

とはいえ、疲労がピークに達していた僕の身体はこの期間で癒えることになった。

 

では「夢の続き」を見よう。

 

アズーリでの活躍

怪我から復帰して間も無く、僕は再びイタリア代表に招集された。

テストマッチだが得点後のセレブレーションで調子に乗り過ぎた点は反省している。

前述した夢の続き。。それは

ワールドカップ優勝だ。

僕はPKを外すことはないから。

 

プレースタイルの変貌

怪我をせずにコンスタントにチームに貢献できる方法を考えてみた。

最前線にいればチェックが厳しく怪我が多くなるのは事実だ。

そして幸いにもヴィオラには若いストライカーが多く在籍する。

・シメオネ
・キエーザ
・クトローネ

 

「得点は彼らに任せよう!」

僕はポジションを落としてゲームメイクに専念することにした。

子供の頃にサッカーを教わったロベルトが良く言っていた言葉を思い出す。

「バッジョよ、ミッドフィルダーになれ!」

 

 

セリエA2020-21前半戦

順位表

バッジョの欠場期間中に連敗するもフィオレンティーナは前半戦を2位で折り返した。

 

個人成績

カップ戦4試合を含めて19試合の出場で

21ゴール、12アシスト

タイトルはバッジョが総ナメするだろう。

 

ヴィオラの救世主

スポーツ新聞ガゼッタ・デロ・スポルト紙は、試合終了間際に劇的なゴールを決める僕のことを「救世主」と呼んだ。

 

ヴィオラの夢

フィオレンティーナ移籍1年目にして活躍するバッジョのことを、欧州サッカー専門チャンネル「フライデースポーツナイト・セリエAダイジェスト」は

「ヴィオラの夢」と題して特集番組を放送した。

果たしてどんな夢なのかを僕が知らされていないのは内緒の話だ…(笑)

 

ナンバー10の継承

加入時に背番号10を背負っていた、ボアテング先輩が引退した。

 

彼が指名した後継者は…

 

「僕だ!」

 

僕の背番号はナンバー10だ。

正確には9.5なのかもしれないが。

 

 

第六話につづく

1つ星 6いいね!されています。
良い記事でしたら「いいね!」クリックお願いします。
読み込み中...

コメント

  1. 生涯イタリアだったバッジョ

    次はユベントス‼️

    どうなるか楽しみ^_^

    • ユキさん、バッジョが着るビアンコネロのユニフォームが待ち遠しいですよね!
      移籍できれば最高のステップアップですが、イタリアの貴婦人の考えはまだ分かりません!

タイトルとURLをコピーしました